弊社は、食品や工業用の各種容器成形メーカーです。
城南村田さんには、菓子トレイ用の真空成形の金型製造をお願いしています。
それも、特注ものでCADなどのデータはなし、ゼロから木型でサンプルをつくってもらう難しい仕事が大半です。

菓子をはじめとする食品の詰め合わせトレイの仕事は、図面などのデータがなくて、実物食品を目の前で適当に組み合わせて並べ、「こんな感じで」という発注を受けることが少なくありません。

ですので、CADしかできない普通の金型屋さんでは対処できません。
多少アバウトな発注仕事を、木型を駆使して対応してくれるのが城南村田さんです。

菓子トレイの場合、メインのお菓子が中央にきて、周囲に脇役を配置するといった王道のパターンがあるのですが、その都度お菓子の形状や組み合わせ個数が変わります。

そういった変化を認識した上で、見た目の豪華さ、どれを食べようか迷ってしまうようなバラエティ感、美味しそうに見えるレイアウトといったポイントをおさえて、サンプルをつくる必要があるのですが、城南村田さんは、全てのツボをおさえてくれるので、なんの不安もありません。

短納期というのも、城南村田の強みのひとつです。

一般的な金型屋さんの場合、初回打合せから、サンプルトレイができあがってくるまでに10日から2週間くらいの時間を要しますが、城南村田さんはほぼ1週間で出てきます。
とくに修正段階に入ると、木型の強みはより一層発揮されます。

ポケットをテーパーにしたり、底部にRをつけたりといった指示が入ると、曲面が苦手なCADではデータ入力だけでも、たいへんな手間がかかります。

それが木型なら、彫刻刀で微妙なニュアンスの曲面も素早く表現できますし、肉厚にしてほしいといった指示でも、パテを盛りつけて簡単に修正がききます。
木型はフレキシビリティや対応力の高さでもCADに勝っています。

城南村田さんはCADから金型を起こすこともできるので、最後の仕上げ段階で木型職人に装飾をつけてもらう、ハイブリッド方式の金型づくりもお得意です。

弊社の工場設備を熟知してくれている点も、ありがたいところです。
使用する成形機を想定して、最も効率のよい面数や取り数で金型をつくってくれるので、安心して任せられます。
いまやCAD全盛の時代ですが、こと菓子の詰め合わせトレイの世界では、木型職人さんの存在意義はなくならないと思います。

木型職人の手にかかれば、トレイの周囲の壁に装飾の細かい縦線を入れたり、ポケットにRをつけたりという作業が簡単にできるのに、それをわざわざCADのデータ入力で再現するのは意味がないことです。こういう仕事は木型に任せるのが最も合理的なはず。
それに、木型から起こしたトレイは、ひと目みてわかる手作り感があって、菓子の美味しさや高級感を引き立てます。そんなところも、贈答用菓子のトレイにはうってつけなのです。

そういう意味でも城南村田さんには、業界で希少になってしまった木型による金型製造の技を、次の世代に確実に伝承していってほしいと願っています。

 

 パッケージ商社A様
 洋菓子トレイの試作開発から木型制作、金型製造までの一貫体制は城南村田さんの強みです。 >>詳細      
 パッケージ少商社C様
 「速く自在に造形ができる」木型は、ギフト用食品トレイの金型づくりに最も適したオンリーワン
 技術です。 >>詳細